仙台中央倫理法人会 第1846回 経営者モーニングセミナー


パラ・アルペンスキーヤー
鈴木猛史様 KYB株式会社経営企画部広報部
テーマ : 『両足と引き換えに得られたもの』

スロープを勢いよく自力で登壇される鈴木選手。
ご自身の家族が見守る中でのご講話でした。

小学校2年生の時の事故で両大腿骨から切断された時のご自身の状況を話され、その時の自分。
ご両親、友達、先生方からの支で健常者と同じような生活ができた事。
アルペンスキーヤーになるまでの努力等をお話ししてくださいました。
15歳で世界選手権に出場、トリノ、バンクーバー、
そして2014年ソチパラリンピックで見事、金メダルを獲得されました。

今回の北京パラリンピックでは重なるアクシデントで結果を残せずでしたが、
自身の家族にかっこいいお父さんの姿を見せていきたいと今後の意気込みを語られました。


6月7月の進行は中里大輔さん

本日の出席社数57社61名でした。
ありがとうございました。



2022年6月5日