最新情報

最新のお知らせ


2021年2月25日 : 第1781回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー
・一般社団法人 倫理研究所 法人レクチャラー
・秋田県能代山本倫理法人会 会長
・エモーショナルダイニング株式会社 取締役会長
田中 久子(たなか ひさこ)様



昨日の経営者の集いのご講話に続き、
テーマ
『事業継承とは役を知る事 捨我得善(全)』
と、題して本日もご講話いただきました。

本日も田中様の明朗快活なお人柄に
大変多くのエネルギーを頂きました。

「それぞれの役にはそれぞれ求められることがあり、
今まで培ってきたものに固執することなく、すべてを捨て去ること」

「継承後は口を出さずに、相談を受けたときにだけ対応すること」

と自らの体験談をもとにお話しくださり、等身大でお話し頂くからこそ、
参加された多くの経営者の方にとっても参考になることばかりでした。

また、「兆」という字は「挑む」にも「逃げる」にもなる。

だからこそ、逆境の中で何を選択するのかが大事にあり、
田中様は「挑む人生」をここまで歩んでこられました。

倫理とは実践の場であり、毎週のモーニングセミナーで
1つだけでも何か行動に移すことが大事になります。

コロナ禍という世の中だからこそ、
倫理の実践を通して、良い未来を築き上げていきましょう!



講話後の朝食会では特別コンテンツとして
田中様による足つぼマッサージ(笑)
(※阿部さんがマッサージを受けています)

独学で学ばれたそうですが、
実はこのマッサージによって息子様のがんも改善されたそうです!

もしお身体に不調がある方、もしくは未然に予防したい方は
足つぼマッサージのご相談も!とのことでした。


2021年2月24日 : 仙台中央倫理法人会 経営者の集い
講話者
・一般社団法人 倫理研究所 法人レクチャラー
・秋田県能代山本倫理法人会 会長
・エモーショナルダイニング株式会社 取締役会長
田中 久子(たなか ひさこ)様



テーマ
「人の喜び我喜びにして・・・倫理実践実態」
と、題してご講話いただきました。

秋田県能代市から車で来仙!一部通行止めで迂回するなど7時間もかけての移動…そこからのご講話という凄まじいパワー。

秋田県の独特のイントネーションと底抜けの明るさで会場の参加者の心を一気に掴んでいらっしゃいました。

2歳の時に重病「海面上血管腫瘍」発症、22歳に結婚して早々の1,000万円の借金、夫婦仲は最悪…次から次に災難が降りかかる波瀾万丈人生。

聖書との出会い、倫理との出会い、どんなに苦しくとも、周りのために尽くすことで回り回って自分に返ってくる倫理体験。

世のため人のために尽くし、恩を受けたら3倍にして返す。

そんな徳積みをただひたすらに続けているそうです。

講話終了後は参加者全員で記念撮影。

※撮影時のみマスクを外しております

感想発表会や名刺交換会なども執り行われ、交流と懇親も深められました。



実体験を赤裸々にご披露いただき、大変勉強になりました!

秋田に行くときは、是非、田中様のお店に伺いたいです(^^)
2021年2月24日 : 仙台中央倫理法人会 経営者の集い
講話者
・一般社団法人 倫理研究所 法人レクチャラー
・秋田県能代山本倫理法人会 会長
・エモーショナルダイニング株式会社 取締役会長
田中 久子(たなか ひさこ)様



テーマ
「人の喜び我喜びにして・・・倫理実践実態」
と、題してご講話いただきました。

秋田県能代市から車で来仙!一部通行止めで迂回するなど7時間もかけての移動…そこからのご講話という凄まじいパワー。

秋田県の独特のイントネーションと底抜けの明るさで会場の参加者の心を一気に掴んでいらっしゃいました。

2歳の時に重病「海面上血管腫瘍」発症、22歳に結婚して早々の1,000万円の借金、夫婦仲は最悪…次から次に災難が降りかかる波瀾万丈人生。

聖書との出会い、倫理との出会い、どんなに苦しくとも、周りのために尽くすことで回り回って自分に返ってくる倫理体験。

世のため人のために尽くし、恩を受けたら3倍にして返す。

そんな徳積みをただひたすらに続けているそうです。

講話終了後は参加者全員で記念撮影。

※撮影時のみマスクを外しております

感想発表会や名刺交換会なども執り行われ、交流と懇親も深められました。





〆のご挨拶は名字が同じ当会の「田中」法人局顧問より。



こちらはトリプル田中様
↓↓↓


実体験を赤裸々にご披露いただき、大変勉強になりました!

秋田に行くときは、是非、田中様のお店に伺いたいです(^^)

ご参加いただいた皆様もありがとうございました!

このように、倫理法人会では、朝6:00からのモーニングセミナーだけではなく、ランチセミナーや、夜の特別講演会など様々なイベントを開催しております。

ゲスト様も大・大・大歓迎ですので、お気軽にお問い合わせ、ご参加いただけたら嬉しいです(^^)
2021年2月18日 : 第1780回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー
県内レクチャー
仙台長町倫理法人会モーニングセミナー委員長
株式会社まるしんシステム代表取締役
黒田 晋平(くろだ しんぺい)様



テーマ「倫理のおかげでV字回復」と題してご講話いただきました。

モーニングセミナーは成田敦専任幹事の先導による朝の挨拶から爽やかにスタート。



有坂会長からのご挨拶は、2月13日23:08の東日本大震災を彷彿させる地震の件での心配のお言葉がありました。また、毎週木曜日は高確率で雪が降るので行いが悪い方がいらっしゃるのでは?…と、笑いを誘っておりました。



今回ご講話いただいた黒田様はご家庭では「次男」ということで、ご実家の商売に対してアイデアはあるものの、やりたいようにやらせてもらいないという苦い思いがあったとのこと。

お父様がやっていた長町のお店が赤字続きで閉店するというタイミングで手を挙げ独立を志願。

「潰せない」という想いだけで朝から晩までガムシャラに働き売上を積み上げていった。

売上も数倍に跳ね上がり、利益と確保していくと同時に気の緩みから天狗になってしまい売上減…更に追い討ちをかけるように周辺に競合が出店し、お客様の流出が止まらない状況。

大家さんからの提案で拡大した店舗。

借り入れもして、スタッフ確保にも9ヶ月もの期間を用していざスタート。

とても忙しく売上はあったものの利益が出ずマイナス続き。

会議を重ねるもスタッフ間との関係性も悪化。

社員同士、パート同士の関係性も険悪に。

そんな中、経営状況を察した伯父様からの紹介で倫理と出会い、まずは「はい」の実践から。

気付いたらすぐする…「はい」の実践…どんどんお役が回ってくる…

そのことで、朝礼すらやっていなかったのに、活力朝礼コンテストに出場することになりスタッフからブーイング(笑)

しかし、初めはイヤイヤやっていたことだったが3年半しており次第に型にはまってきた。

売上も回復し、赤字だった経営状態も黒字転換。

倫理経営塾にも参加し、理念をつくり、経営者としての心構えを学ぶ。

「できるまでやる」「できるまでやめない」

そして、想いを人に伝えていけ…という教えを受け、経営者モーニングセミナーに参加した皆様に対して宣言をしていただきました。

最後にその中の一つをご紹介させていただきます。

「2029年までに50億!社員に夢のある会社にする!」

具体的な数字も包み隠さずご講話いただきありがとうございました!

講話後はご参加いただいたゲストの方々よりご感想を。

そこで何と3名の方々から入会の宣言がありました!



年齢や業種の垣根を越えて、一緒に学ぶ仲間が増えることはとても嬉しいです♪

また来週もお会いしましょう!
2021年2月11日 : 第1779回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー
プロ野球解説者
草野大輔(くさのだいすけ)様

テーマ「夢は叶えるもの 人生は自ら作るもの」と題してご講話いただきました。



前日、ご自身が主宰する野球教室「草野塾」を終えてから、緊張と寝坊の不安から一睡もせずに臨んだとのこと。

今回のご講話のキーワードは
「出会い」、「継続は力なり」、そして東北楽天ゴールデンイーグルス元監督である野村克也氏の言葉「人は評価に始まり評価に終わる」

2005年に29歳という最年長ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。

ここに至るまでも、自分に厳しく、努力を惜しまず継続してきたからこその結果。

小学校~中学校にかけては野球の公式戦では全く実績がなかったが、父親と約束した「毎日500本の素振り」を365日、約10年間、1日も欠かすことなく継続。

その様子が延岡高校の野球部顧問の目に留まり、特待生として入学することに。

甲子園にも出場し、このとき初めて勝つ喜びを実感。

卒業後はNTT東京に入社し、社会人野球の道を歩むことに。

この時の監督が延岡高校の大先輩だったことでプレーを見ずに入社が決まったと笑い話としてご披露いただきました(笑)

22歳の頃の監督と合わずにレギュラーから外された経験があり、はじめは反発していたものの、「自分が悪かったのだろう」と考え方をシフトし、認めてもらうために努力をし直したそうです。

NTTが西日本と東日本に分かれるタイミングで九州に戻った。

そこでの活躍で全国2位…そのまま全日本に選出…年齢が懸念されたようだがその後は皆様ご存知のように東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団。

ファンを大切にし、地方でもサインを最後の1人まで欠かさず対応していた様子が立花陽三社長の目に留まり、アンバサダーとして野球団に貢献することに。

野村克也氏との出会いで野球を勉強し、理論などを学ぶことができたため、解説者として活動ができた。

要所要所でキーパーソンとの出会い、そしてそのチャンスをものにする日頃からの努力の大切さをお伝えいただきました。

今後はプロスポーツ選手の大きな課題でもある「セカンドキャリア」を創る活動、そして野球人口の底上げを図るための草野塾、さらには塾生の中からプロ野球選手を輩出したいという夢を叶えるためにこれからも努力していくと結んでおりました。



本日も70名様を越えるたくさんの方々にお集まりいただき、一緒に勉強することができましたことに感謝いたします。

2月11日に喜寿を迎えた守末参事と、田中顧問、有坂会長と記念撮影(^^)




事務局へのアクセス