最新情報

最新のお知らせ


2021年6月10日 : 第 1796回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー
●講師
一般社団法人 倫理研究所 法人局 参事/法人アドバイザー
有限会社 若鮨 代表取締役会長 伊藤 俊郎(いとう としろう)様



●テーマ「恩返し・恩送り」と題してご講話いただきました。

トレードマークとも言える「和装」をビシッと決めて登場。

「一つの道に志を持ってやる」という終始一貫の姿勢。

「正三角形→優秀な人財」、「逆正三角形→一般的な人材」と例え

皆、正三角形(優秀な人財)を集めて使おうとするが、それ「だけ」を積み上げても中身がスカスカですぐ崩れてしまう。

逆三角形(一般的な人材)を育てていくことにより揺るぎない基盤ができあがる。

「恩を返す」とそこで「行ってこい」で完結してしまうが、「恩を送る」とその波紋がどんどん広がっていく。

受けた恩を他の誰かに送ることで、巡り巡って思わぬところでまた返ってくる。

縦の皺→眉間の皺→人が寄り付かない
横の皺→笑い皺→人が集まる

ご自身の体験を様々なエピソードでご披露いただき、会場にいる我々はすっかり「伊藤俊郎ワールド」に魅了されておりました。



この日は嬉しいニュースも♪

バッジの授与式があり、新しい仲間が増えました!



仙台中央倫理法人会では、毎週木曜日早朝6:00よりホテルメルパルク仙台にて経営者モーニングセミナーを開催。

非会員(ゲスト)のご参加も常に大歓迎です!

週に一度、志の高い仲間と共に自分と向き合う時間を過ごしてみませんか?

ご参加は事務局、または会員にお声がけいただければ喜んでご案内させていただきます。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
2021年6月3日 : 第 1795回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー
●講師
石巻倫理法人会 会長
株式会社 友善商事 代表取締役 小笠原 博美(おがさわら ひろみ)様

●テーマ「いつも心に太陽を」と題してご講話いただきました。



5人姉妹の5番目として産まれるも、父親が男の子を望んでいた題してめ非常にガッツリされ、名前すら付けてもらえず出生届の期限を迎え役所のみんなで考えてもらった。

父親が創業した自動車部品・工具の会社はまさに「男社会」。

父親の病気・他界、母親が引き継ぎ経営していた株式会社友善商事に入社。

2010年に代表取締役に就任したものの、社員からは「社長、怒らないで下さいね」と前置きがあってから話しかけられたというほど、いつも怒っていたのかと気付かされる。

社員が定着しないのは自分に原因がある…

菩薩様のような母は、みんなを大切にして慕われている。

社員は財産だったのだと気付き、母を見習い、社員を大切に。

今では女性スタッフも増えて、知り合いやお客様のお子様などからも「雇って欲しい」と言われるまでに。

母親の病、代表取締役就任後すぐの東日本大震災など、苦難を経験しながらも、倫理法人会とも出会い、学ぶ。

生活信条は「くよくよしないこと、よく寝ること」

ステキな笑顔で会場をパッと明るくしてくれる、まさに太陽のような温かいお人柄でした。

さて、
今週よりモーニングセミナーの司会をバトンタッチ。



藤原絹子幹事、2ヶ月間よろしくお願い致します!
2021年5月27日 : 第 1794回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー
会員スピーチは遠藤護幹事より。



仙台中央倫理法人会の会友の特徴を捉えて、会場の参加者の笑いも誘いながら、ステキな紹介をしておりました。

●講師 
一般社団法人倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー
有楽製菓 株式会社 取締役会長
河合 伴治(かわい ともはる)様



●テーマ「倫理経営ビフォーアフター」と題してご講話いただきました。

前日は、仙台中央倫理法人会において年間最大のイベントとなる「倫理経営講演会」が開催され、160名様を超えるお申し込みを頂戴しました。

そして、今回のモーニングセミナーは、河合スーパーバイザーの実体験をもとに「万人幸福の栞」に沿った実践により変化したことについてエピソードを交えてご披露いただきました。

事業継承、父親との確執、ブラックサンダーの知られざる秘話…などなど。

「苦難を乗り越えてゆっくり伸びてきたものはなくならない」と、結んでおりました。

この日で司会がバトンタッチ!

高橋幹事、2ヶ月間ありがとうございました!

藤原幹事、6月、7月の2ヶ月間よろしくお願い致します!



仙台中央倫理法人会は毎週木曜日、早朝6:00~ホテルメルパルク仙台にてモーニングセミナーを開催しております。

非会員の方も大歓迎ですので、ご興味がございましたら、事務局、またはお知り合いの会員に気軽にご連絡下さいませ。
2021年5月26日 : 令和三年度 仙台中央倫理法人会 倫理経営講演会

講師 有楽製菓株式会社 取締役会長 河合伴治(かわいともはる) 様
「経営力を磨く」とのテーマで講演いただきました。ユニークな発想と技術でお客様に感動を与え1994年に誰にでも親しまれる【ブラックサンダー】が誕生しました。





経営力を磨くためのアイデアやポイントをエピソードを交えてお話しいただきました。誕生させた商品がヒットするまで15年かかった事。社長の想い・願いを諦めず伝える事で社員を動かし販売価格30円の駄菓子が120億の売上を築く規模になった事。お父様との確執や奥様との関わり方の中で感謝を伝える事の大切さを学んだ事。人材を指導する立場でも行き過ぎる正義感は責め心が出てしまい良い結果に導けない事。沢山の気づきに触れる事が出来ました、ありがとうございます。


企業に活力と規律を浸透させる目的で行われる「活力朝礼」の実演がございました。今回は株式会社菓匠三全の社員の方々に実演いただきました。以前から企業内において活力朝礼を取り入れている事から、進行も動作も機敏かつスムーズで、皆様が進行する連携の取れた朝礼からは成長している企業の在り方が実演されている様でもありました。


今回、倫理経営講演会の企画実施の背景ではコロナ禍による影響が一番の懸念でした。参加者がこの時期に来場いただけるか…会場のレイアウトで参加者に居心地の悪い思いをさせないか…今回も役員一同で取り組ませていただき、お陰様で予想以上の参加者に恵まれました。154名の参加者の内54名のゲストがいらっしゃいました。企業成長に繋がる倫理の学びを知るきっかけになる事を願います。
2021年5月20日 : 第 1793回 仙台中央倫理法人会 経営者モーニングセミナー

本日は、当会立ち上げから日本創生に貢献するリーダーの育成に尽力いただいた
『株式会社花祭壇 代表取締役 曳地邦男 様』への表彰がございました。
おめでとうございます。


新入会員へのネームプレート授与として『株式会社あいあーる 多田裕司 様』に
贈られました。これからも共に学ぶ仲間として、どうぞ宜しくお願い致します。



講師 千葉農園  代表 千葉 英明(ちば ひであき)様
テーマ「両親の背中を追い続けて~400年の仙台野菜と百姓文化を引き継ぐ~」
と題してご講話いただきました。

代々続く農業を安心安全、地産地消を基盤に食を次世代に繋いでいく活動をされています。
時代に取り残されない様、農業の曖昧な部分を改革し企業体としての工夫を取り入れ農業の
発展に尽力されている様子です。

特に「仙台伝統野菜」を正確に伝え守り続ける事に力を入れられています。
伝統が途絶えても種さえあれば、その土地の風土にあわせ根付く事も出来「旅する野菜」
として伝統を引き継ぐ事もできるという事です。
様々な野菜の知識から仙台固有の野菜に至るまでお話いただきました。ありがとうございます。


69社71名、本日も沢山の方に出席いただきました。ありがとうございます。


事務局へのアクセス