1647回経営者モーニングセミナー

仙台市市長 郡 和子様を
講師にお迎えしてのモーニングセミナーでした。




まずは平磯会長から。

①母の日には、何らかの形を表していきましょう。

②郡市長は14300人の職員のトップであり、
 1兆800億円の予算を活かすリーダーです。

③宮城県倫理法人会第10回MSコンテスト団体優勝報告。





長澤光孝さん、成田敦さん、渡辺進也さん。
お疲れ様でした。そしてありがとうございます。




「郡市長が考える仙台市の構想」

大きな三本柱

1、人を育み、人がつながる街づくり
2、街を育む活力デザイン
3、次代へつなぐ防災環境都市推進

「学都」「杜の都」というキーワードを使って、
特に「街を育む」ことについて講演を頂戴しました。





・東北の現状、対外的~国際的位置づけ
・学生がそのまま仙台で就職は40%と低い
・放射光施設の誘致
・豊富なIT人材の活用
・アシスタ、WISE、ジョブスタ仙台
・働きやすい職場環境づくり
・青葉山公園整備
・定禅寺通りから始まる文化的空間づくり
・羽生結弦選手は観光アンバサダー
・交流人口拡大





仙台ブランドの構築と地域活性化の構想を
私たちに分かりやすく伝えてくださいました。








朝食会では、
東北学院大学の学生さんもゲストとして挨拶。
(渡辺聡太君)





宮城県倫理法人会副会長
佐藤守様



宮城県倫理法人会相談役
守末紀生様



素晴らしい時間でした。






お帰りの際は、
MS団体優勝を記念して、
女性の方々におみやげの缶詰です。





次回5月17日(木)は、
倫理研究所 研究部研究員
松枝秀雄様より講演いただきます。










2018年5月11日